2019年03月26日

未完の家電(その1)

ある日、パソコンを立ち上げようとすると「デスクトップの準備をしています・・・」と表示されたまま、数分間、画面が固まっている。いやーな予感がした。そして、その予感は的中した。次に現れた画面は、いつものデスクトップではなく、まったく初期化された画面だった。 

  

わが家にはパソコン2台ある。1台は移住後に購入したWindows10ノートパソコンで、「カフェ明治屋」のレジ脇に置き、わたしが経理やSNS、このブログの執筆に使っている。もう1台はもともと持っていたWindows7デスクトップパソコンで、ダイニングに置いている。こちらは「カフェ明治屋」の営業中はインターネットJazz Radioの受信に、営業時間外はわたしたちが観るテレビの受信に使っている。妻がネットで仕入れ業者に発注するのもこのパソコンからだ。おかしくなったのはこちらのパソコンだ。 

パソコン
2011年製のValuestarをだましだまし使っていたが・・・。


何しろ
2011モデルという年代物で、このところテレビの受信中に突然電源が落ちるというトラブルがたびたび起こっていた。Windows72020年早々に延長サポートが終了するという事情もある。どのみち近いうちに買い替えなければならないとは思っていたが、手元不如意のためギリギリまで働いてもらうつもりだった。 

  

しかし今回はまずい。この症状についてネットで調べてみると、「ユーザープロファイルが壊れている」とのこと。何のことだかよくわからないが、ようするに、わたしというユーザーの設定した画面にたどり着けないので、仕方なく初期画面になっているらしい。このページの立ち上がりにはやたら時間がかかるし、毎回、リセットされるので、そのたびにgoogle chromeJazz Radioパスワードを打ち込んでログインしなければならない。困った。 

  

ネットとはよくしたもので、この症状への対処法を教えてくれるサイトがいくつもある。今回はそのなかの「一番安全で確実」という方法でやってみることにした。新規にアカウントをつくり、そこにうまくいかないアカウントの情報をコピーするというものである。どういうわけか単純なコピーアンドペーストができず手こずったが、半日かけて何とか元のデスクトップらしきものができた。完全に元通りにはなっていないが、実用上問題ないので、これを使っている。 

  

パソコンは便利だ。多くの人にとって、仕事ではもちろんプライベートでも不可欠だ。もはや「家電」といってもいいかもしれない。多くの家電同様、わたしにとってはブラックボックスなので、不具合が生じたら手に負えないが、パソコンではトラブルがしょっちゅう起こる。パソコンは技術的に未完成な家電であるとしか思えない。これがテレビエアコンだったら、メーカーは頻繁にリコールをしなければならないだろう。コンピュータ制御による自動運転の実用化が近いといわれるが、はたして大丈夫か。わたしはいま一つその安全性を信用していない。 



y1_tokita at 09:02|PermalinkComments(0)