2018年01月22日

浜屋のみっちゃん

岡山はフルーツ王国として名を馳せているが、岡山の冬の味覚といえば牡蠣ではないだろうか。わたしはこちらに来るまで知らなかったが、岡山県は牡蠣の養殖量が広島、宮城に次いで第3位である。とくに「カフェ明治屋」からクルマで3040分のところにある備前市の日生(ひなせ)という地区は牡蠣の養殖で有名だ。そして「日生のカキオコ」でも。 

  

「カキオコ」とは、その名の通り牡蠣のお好み焼きのこと。広島に焼きそばが入った「広島風お好み焼き」があるように(広島県人は「広島風」と言われるのを嫌うらしいが)、「カキオコ」は牡蠣の養殖地ならではの地域色豊かなお好み焼きである。日生は漁港を中心とした小さな町だが、15軒以上のお好み焼き屋がある。そして、10月末から出荷が始まった牡蠣は冬場が最盛期。わたしたちも、一度は「カキオコ」を食べてみようと出かけてみた。 

みなとの見える丘公園から
日生の「みなとの見える丘公園」からは瀬戸内海と島々が見渡せる。


出向いたお店は「お好み焼き
 浜屋」。だけどここは、「みっちゃん」で通っているらしい。ちなみに日生のお好み焼き屋には、ほかにも「タマちゃん」や「さんちゃん」がある。縄のれんの居酒屋のようで親しみが持てる。 

お好み焼き浜屋
「お好み焼き 浜屋」。のれんにも「みっちゃん」とある。


それはともかく、のれんをくぐって店に入ると、あら、びっくり。店にテーブルなるものは存在しない。
8畳ほどの広さの土間の真ん中に作り付けの鉄板がデーンと鎮座している。客はその周りを取り囲んで3方に並ぶ。スツールに7人腰掛ければいっぱいだ。わたしたちが座っていいものかどうかとまどっていると、鉄板上で忙しく調理しているおばちゃんに「カキオコ2枚?」と訊かれた。「はい」と答えるしかない。あとで知ったのだが、ここのカキオコは1枚が大きく、たとえば女性3人のグループだと、親切に「カキオコ2枚にしとく?」と訊かれたりするらしい。 

浜屋のカキオコ
キャベツの上にごっそりと牡蠣が載る。

カキオコ完成

「カキオコ」が完成。とにかくうまい。 

  

何とか席に着き、目の前で自分たちのカキオコが焼かれるのを見る。延ばした生地にキャベツを投入、そこへ大量の牡蠣が載る。それをひっくり返すのだが、牡蠣が必ず1つ、2つこぼれ落ちる。それをコテで引き戻し、焼き色がついた上面にソースを塗って完成。わたしたちの前に1つずつ寄せながら、おばちゃんは「はい。食べてください」とやさしく言うのだった。さらに、「ソースが足りなかったら言ってください」という気配りも。初めてだったからわからなかったが、わたしのはソースが少なかったらしく、おばちゃんは「ソースを足そうねぇ」と言うなりどぼどぼとかけてくれた。 

  

さて、一口。うまい! 思わず「おいしいねぇ」と声に出してしまった。小ぶりの牡蠣は味が良く、それが大量に入っている。心底、幸せな気分になる。1枚は大きかったが、妻が食べきれなかった分を含めてぺろりと食べてしまった。 

  

おばちゃんの手がすいたところで、「今年の牡蠣はどうですか?」と訊いてみる。おばちゃんは「なかなかいいねぇ」と笑うのだった。ところで、もう一人のキャラクターであるおじちゃんはどうしているかというと、ほとんど口をきかない。状況を見ながらキャベツを切り、客に水と小皿・コテ・箸を差し出し、帰った客の前の鉄板をコテでガシガシと掃除する。動きに無駄がない。おじちゃんとおばちゃん、二人の阿吽の呼吸でこの店はスムーズに回転している。見習いたいものだ。 

  

ところで、「みっちゃん」とは、おじちゃんのことだろうか、おばちゃんのことだろうか。 



y1_tokita at 09:17|PermalinkComments(1)瀬戸内暮らし