2018年06月18日

小堀さらえ

小堀さらえさん。ご近所に住む御年82のおばあちゃんで……というのはウソ。小堀さらえとは、前にも書いた町内の用水路の清掃作業のことである。田植えを前に町内の田んぼの用水路を町内会のみんなで掃除する。このイベントは、「カフェ明治屋」のご近所だけではないようで、前に内装工事の見積もりに来た業者さんが岡山市内でも同じような作業をすると言っていた。その人は、周りはみんな年寄りなので50代の自分が一番働かされるとぼやいていた。 

小堀さらえ
小堀さらえスタート地点。ご近所のSさんが作業開始。


今年もその「小堀さらえ」の季節がやってきた。
6月初旬の日曜日、朝8時から開始である。「カフェ明治屋」は通常7時開店なので、この日は事前に告知をして9時開店にした。お客さんには申し訳ないが、ここでは町内会の行事優先である。 

  

服装・装備は去年と同じ。履き古したジーンズに汚れても構わないTシャツ、長靴に軍手で手にはホームセンターで購入した側溝清掃専用のシャベル。去年は8時に行ったらもう作業が始まっていたので、今年は早めに7時半過ぎに家を出る。わたしが一番乗りだったが、すぐにご近所さんが続々と集まってくる。 

  

側溝は清掃区間の半分以上が干上がっていたが、底に泥や石が溜まっている。それをシャベルや鍬を使って掻き出していく。側溝の両側に足を広げ、前かがみになる作業は腰に響く。たびたび腰を伸ばしながら作業を進める。途中からは側溝に水が溜まったエリア。作業をしていると、メダカやカエルが逃げ惑う。メダカのなかには、あわてて水から飛び跳ね、土の上でじたばたするものも出る始末だ。何とか泥を掻き出し、小一時間の作業で今年の小堀さらえは終了した。 

  

作業終了後は、集会所の前で缶ジュースか何かでみんなで一息入れるのだろうが、わたしは「お店の開店があるので」と一足先に失礼した。これで近いうちに田植えとなるのだろう。稲が青々と育つ風景は、去年、散歩の際によく見かけたが、何とも心豊かになる。今年も微力ながらそのお手伝いができたことでほっとした。 



y1_tokita at 14:47|PermalinkComments(0)瀬戸内暮らし