2017年05月23日

リノベーションのマネごと

お店の改装にはまだ手がつかないが、まずは自分たちが住むところから手を入れようということで、納戸をクローゼットにリノベーションすることにした。リノベーションというと大げさだが、何のことはない、ベニヤ板の壁に壁紙を貼るだけである。 

  

わたしたちは、これまで賃貸暮らしだったせいで、原状回復がむずかしくなるような部屋の改装をしたことがない。壁紙を貼るのも初めてだ。3畳ほどとはいえ、ひと部屋の壁を自分たちで変えることができるのか、不安だったが、失敗してもしょせんは自分たちのクローゼット、試しにやってみることにした。 

間取り図
「カフェ 明治屋」の間取り図。不動産広告風にいうと8DK+Sとなろうか。


この納戸は、間取り図で
5角形になっている部屋だ。ここと隣接する6畳間、4畳と土間の部屋を自分たちのプライベートスペースにし、東南角の玄関・土間と田の字型の4部屋をカフェにするつもりである。 

  

納戸の壁紙は、近くのホームセンターで92センチ幅・15メートル分を買ってきた。約6,000円。ローラーやヘラなどの壁紙貼り5点セットが約1,000円。7,000円ほどでベニヤ壁の納戸が白い壁紙のクローゼットに生まれ変わるなら安いものだ。 

壁紙貼り01
壁紙を貼ったらハケで空気を抜き、しわにならないようにする。

壁紙貼り02

つなぎ目はカッターで切り、隣り合う2枚を密着させる。 

  

壁紙は「生糊つき」という初心者向けのもので、貼ったり剥がしたり、調整しながら貼っていけるから失敗が少ないらしい。慣れないわたしたちでも、ほぼ一日で、なんとか貼り終えることができた。壁紙のつなぎ目に微妙な隙間ができたり、何カ所か細かなしわが寄ったりしたが、初めてにしては上出来ということにしよう。 

before
壁紙を貼る前。ベニヤ板むき出しの納戸だ。

after

壁紙を貼り終わったところ。壁が明るくなった。  

壁紙貼り03
角もばっちり。少しはクローゼットらしくなったか。


リノベーション・改装は、もちろんこれからが本番である。床・壁・天井、あらゆるところを手直ししなければならない。まったく初心者のわたしたちが、である。まずは壁紙貼りがなんとかできたことで、ほんの少し自信をつけたというところか。