2017年08月22日

瀬戸の夕凪、夏祭り

瀬戸内は緯度からいっても東京より南だし、東京より涼しいとは思っていなかったが、想像していた以上に夏が暑い。冷夏の東京と比べたら、今年はとくにそうかもしれない。これには瀬戸内の地形も影響しているらしい。夕方から夜にかけて陸風と海風が相殺し、「瀬戸の夕凪」といわれる無風状態になる。これが暑い。 

  

寺田寅彦が夕凪について、「空気がゼラチンか何かのように凝固したという気がする。・・・じっとしていると気がちがいそうな鬱陶しさである」(「夕凪と夕風」)と記したのもよくわかる。 

牛窓の花火
「牛窓花火大会」のクライマックス。妻が録画した下の動画も観てほしい。

 そんな瀬戸内の夏にも、蒸し暑さを晴らす祭りはやってくる。移住したばかりのわたしたちは、地元の祭りにはなるべく出かけてみることにした。まず出向いたのは、前にも紹介した牛窓で行われた「牛窓花火大会」。港の堤防から約2,000発の花火が打ち上げられた。地方の花火大会の一番の良さは、間近に見られることだろう。わたしたちは桟橋のほぼ突端に陣取り、目の前で繰り広げられる花火のショーを観賞した。見た目の美しさだけでなく、地響きのような爆発音が迫力満点だった。 


長船夏祭り
「長船夏祭り」には地元の人たちによる屋台も。

バンド演奏
懐かしいグループサウンズの演奏があったり・・・
盆踊り

盆踊りで盛り上がったり・・・ 

  

地元も地元、わが長船町で行われたのは「長船夏祭り」。これは途絶えていた夏祭りを20代の有志が2014年に12年ぶりに復活したもので、以後、毎年開かれている。当日は盆踊りを始め和太鼓の演奏や地元有志による屋台などもあり、家族連れや中高生など、比較的若い層が集まって賑わっていた。復活したこの夏祭りが、長船の年中行事として定着するにはまだ年月がかかるかもしれない。しかし、若い人たちが地元の振興のために汗を流しているのが心強かった。 

  

わたしが親しくさせていただいているN教授(カナダ・バンクーバー在住)は少年時代の大半を瀬戸内で過ごした方で、最近のお便りには「瀬戸の夕凪は暑いでしょう」と繰り返し書いてこられる。N先生、瀬戸内の夏は暑うございますが、楽しく過ごしております! 



y1_tokita at 11:59|PermalinkComments(2)移住 | 瀬戸内暮らし