2017年06月22日

めざすは「古色」仕上げ

店舗部分の天井、梁や柱に柿渋を塗ったが、いまひとつ理想とする色にならない。茶色の色味は増したものの、シミや手垢が消えず、重々しさが足りない。思い描いているのは、重厚で美しく、建物の長い歴史を感じさせる落ち着いた色合いである。またまたネットで調べてみると、建築の世界には「古色」仕上げというものがあるのがわかった。伝統工芸品を新しく製作する際に、わざと古びた様子に仕上げることだそうだ。 

  

寺社などの伝統的建築物を修復する際など、新しく補った部材に「古色」をつけて、周囲の古材との色彩的な統一に配慮するらしい。また、新築の際にも、古びて落ち着いた雰囲気を出したい場合に「古色」の塗装をすることがあるそうだ。 

松煙塗り
梁の部分に「古色」を塗っていく。


これだ。「カフェ
 明治屋」の内装は、「古色」の天井・梁・柱と白い漆喰壁というコントラストで決まりとなった。漆喰はあとで塗るとして、まずは木部に「古色」を施さねば。「古色」仕上げにもいろいろあるらしいが、ネットで見る限り多くの人が試している「柿渋+松煙+ベンガラ」で試してみることにした。 

塗装セット
上から時計回りに無臭柿渋、松煙、ベンガラ、塗料容器とハケ。


ちなみに松煙とは松の木の煤(スス)で、膠(にかわ)で固めると書道で使う墨になるもの。真っ黒な粉末だ。ベンガラは土からとれる酸化鉄で赤茶色の粉。インドのベンガル地方から伝来したことからそう呼ばれているらしい。
 

  

調合の割合もいろいろあるようだが、細かく試すのはめんどうだ。経験者のブログ記事などを参考に松煙30グラム、ベンガラ20グラムを水250cc、柿渋150ccで溶いて塗ってみた。 

塗装前
塗装前。シミや手垢が目立つ。

塗装後

「古色」塗装後。いい感じの仕上がりだ。 

  

なかなかいい。黒だが、漆黒ではなくやや赤く深みのある艶消しの黒だ。木目はうっすらと見える程度で、問題のシミや手垢も気にならない。これでいくことにして二人で塗り始める。しかし、天井にハケで塗っていくのは体につらい作業だ。しかも、これが30畳分以上もある。前途遼遠だ。

塗装途中
  天井と梁に塗りかけのところ。とくに天井は骨が折れる。



y1_tokita at 17:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)移住 | カフェ