2018年03月03日

朋あり遠方より来たる

「カフェ明治屋」のオープン前、あるいは開店してから、何人かの友人知人が「カフェ明治屋」を訪れ、わたしたちを激励してくれた。いちいち名前は挙げないが、みなさん、ほんとうにありがとうございました。 

牛窓オリーブ園
牛窓オリーブ園からは小豆島も見渡せた。


先日も妻の元同僚が遊びに来てくれた。元同僚といっても妻より一回り以上年下のふたり。神奈川県に住む
Tさんと、いまは愛媛県に住むYさんである。ふたりはその日、倉敷の美観地区やアウトレットで観光、買い物をしたあと、夕方、「カフェ明治屋」に寄ってくれた。翌日も観光をして帰るそうで、その日「カフェ明治屋」が定休日のわたしたちは、岡山を案内することになった。案内するといっても移住して1年もたたず、ある程度知っているのは生活圏といっていい東備地域(瀬戸内市、備前市など)だけである。 

  

訊くとYさんもTさんも備前焼に興味があるという。できれば、自分でつくってみたいとのこと。さっそく、インターネットで備前焼の体験サービスを検索し、「備前焼 ギャラリー若宮」を予約した。 

  

さて翌日。朝から備前焼体験である。「ギャラリー若宮」は「カフェ明治屋」からクルマで15分ほどのところにある、小山に囲まれた一軒家だ。こんな近くに、山奥の窯元のような雰囲気を持つ施設があるとは知らなかった。4人ともエプロンをつけて、さっそく製作にかかる。 

  

つくるものは、Yさんが湯冷まし、Tさんはお皿、妻はコップ、そしてわたしは・・・できてからのお楽しみとさせていただきたい。付きっきりで説明・指導してくれる人がいるので、失敗しそうになってもリカバリーがきく。1時間ほどで4人とも何とか形になった。これを登り窯で焼成してできあがりだ。登り窯は、年に数回しか火を入れないので、できあがりは半年近く先になる。忘れたころのサプライズになりそうだ。 

  

さて、そろそろ昼ごはん。お昼は日生の「カキオコ」に案内した。わたしたちが行ったことのある「みっちゃん」は、この日、長蛇の列で断念。通りを戻ったところにある「まるみ」に入った。4人ともカキオコだが、YさんとTさんは「特盛」を注文。日生の牡蠣を堪能した。おなかがいっぱいになったところで、わたしたちが好きでよく行く牛窓オリーブ園に向かった。この日は天気がよく、青空のもと小豆島や前島をはじめ瀬戸内の島々が見渡せた。 

  

この日のシメはカフェ。前にこのブログでも紹介したキノシタショウテンでケーキとコーヒーをいただいた。Yさんはコーヒーではなくイチゴを贅沢に使ったフレッシュジュース。旅行ではケチらない主義だそうだ。 

  

妻は久しぶりに元同僚2人と会うことができてよろこんでいたし、わたしも久々の土コネ体験などでリフレッシュできた。YさんとTさんが楽しかったと言ってくれたのが何よりだ。人が来た時に案内するためと称して、これからも岡山をさらに知る体験を重ねていこう。 


y1_tokita at 11:32|PermalinkComments(1)瀬戸内暮らし