2018年01月18日

「隠れ家カフェ」からまなぶ

「カフェ明治屋」のご近所にあるカフェ牛窓のカフェ(とくに「珈琲 べるま~ど」)については前にも記したが、今回はもう少し離れたところにある個性的なカフェを紹介したい。岡山市内や倉敷市内には魅力的なカフェがたくさんあるが、わたしたちは休日には都市部よりも山間部の日帰り温泉に行くことが多く、とくに湯郷温泉にはほとんど毎週のようにかよっているので、どうしてもそちら方面ということになる。 

  

Asato

Asatoの庭とエントランス。人里を離れ静かだ。


まずは和気町にある
Asato(アサト)。アサトとは、ここの看板犬の名前である。標高400メートルの山の中の一軒家で、ナビがなければ到底たどり着けないようなところにある。建物は、築約60年の古民家だ。ご夫婦で営業しており、ランチは予約制である。ふらりと寄ったわたしたちは、コーヒーだけをいただいた。 

  

ここのご主人は広島県在住で、休みのたびにここに通い、数年がかりでコツコツと改修されたそうだ。店内の柱や鴨居はオイルステインが塗られ良い感じに仕上がっている。客席の床板もご自身で張ったというから驚く。2010年にオープンしてからは、週の半分を自宅で、半分をここで過ごしながら生活しているそうだ。オープンから8年、「山の中の隠れ家カフェ」として人気が定着しているようだ。 

Kimamacafe
Kimamacafeからは広い空と山が眺められる。


もう1軒は、まさしく湯郷温泉への行き帰りの道で、路傍に小さな看板があることで気づいた。板に手書きの文字で「隠れ家カフェ Kimamacafe」とある。気になって、何度目かに通ったとき、矢印の方向へ行ってみた。ところどころの案内表示に従って山里の道を行く。行き止まりまで行くと、そこに一軒家のカフェがあった。 

  

Kimamacafeは女性オーナーがひとりでやっている店である。以前は都市部でお勤めだったそうだが、実家(それがいまのKimamacafeの場所)でお父様の看病をし、看取ったあと、ここに住み続けながらカフェをすることにしたそうだ。オープンは2012年で、わたしたちが見た看板を出してからは、わたしたちのようにふらりと寄るお客さんも増えたそうだ。もとのお仕事(輸入雑貨商)や趣味とも関係しているのだろうが、店内には各地から取り寄せたさまざまな雑貨が展示・販売されており華やかだ。 

  

ここではランチをいただきながら、話好きのオーナーからいろいろな話を聞いた。わたしたちがカフェを始めることにも大変興味を示してくださり、実際、開店してから間もなく「カフェ明治屋」のランチタイムに訪れてくれた。 

  

多くのカフェがオープンしては店じまいをしていくなかで、6年、8年とつづくにはそれなりの理由がある。AsatoKimamacafeの共通点は「隠れ家カフェ」ということだけではない。店主が自然体なのだ。小さく始めて、少しずつ口コミが広がるのを待つ。けっして焦らず、淡々と店をつづけていく。簡単なようで難しいことだと思う。わたしたちも、この姿勢にまなびたい。 



y1_tokita at 13:43|PermalinkComments(1)カフェ | 瀬戸内暮らし