2017年08月07日

「お伊勢参り」ならぬ・・・

日々、開店に向けた準備に追われている。店内の内装の仕上げ、駐車場などのエクステリアの整備に加え、そろそろカフェの什器も選定しなくてはならない。 

  

といっても、わたしたちは予算が相当に限られているので、思った通りに高価なものをそろえられるわけではない。コーヒーカップやお皿といった食器も、ひとつ何千円というブランド品で統一できればそれに越したことはないが、無理だ。しかし、物は考えよう。何も高級品だけがお客様に喜ばれるというわけではないだろう。使いやすく親しみのわく、しかもリーズナブルな食器はないか。これまで見てきたものの記憶をたどり、また、ネットをあちこち見ながら考えた。 

  

そんなある日、ふと訪れた牛窓のカフェでコーヒーを飲んでいたわたしたちは、ソーサーの裏に「IKEA」と記してあるのに気づいた(カフェで気になるカップがあると、つい裏を見る癖がわたしにはある)。IKEAの家具は以前から気になっており、店のイス、テーブルなどの調達先として候補にピックアップしていたが、たしかにIKEAには食器もある。その手があったか。見てみなくては。 

IKEAコーヒーカップ
IKEAのカップにコーヒーを入れてみた。なかなかいい。


というわけで
IKEAに行くことにした。「カフェ 明治屋」から一番近いIKEAは神戸にある。走行距離130キロ、ほぼ高速道路の道のりを約2時間のドライブでIKEA神戸店に到着、その広大な売り場と品揃えに圧倒されながら見て回った。初回は下調べといった感じで、コーヒーカップなどの品番をメモして帰った。IKEAでは、たいていの商品はネットでも買えるから、店舗用の大量購入の際には配送してもらえばいい。 

  

ところが、帰ってからネットで確認してみると、購入しようと思った小さなカップ(店では小鉢として使用予定。40個購入のつもり)がネットショップにはない。たぶん、店頭在庫限りなのだ。店で直接買うしかない。そうわかると居ても立ってもいられず、翌々日、再び一路IKEA神戸店へ。苦労した甲斐あって小鉢は無事に手に入った。 

  

わたしの友人で元同僚のE氏は、奥さんが新宿伊勢丹での買い物が好きなせいで、週末ごとに伊勢丹に通っていた時期があったという。本人は、それを「お伊勢参り」と称していた。最近のわたしたちは、それに近い「おIKE参り」である。 



y1_tokita at 19:43|PermalinkComments(1)カフェ