2017年04月30日

16回目の引っ越し

やっと引っ越しが終わった。まだ、とても一息つける状態とはいえないが、移住の第一歩を踏み出したという感はある。 

自宅前で
記念に自宅(明治屋)玄関前で一枚。朝日がまぶしい。

数えてみると、物心ついてから住んできた家は、この「明治屋」で17軒目だ。つまり、16回引っ越したことになる。別に引っ越しが好きだからというわけではなく、その時々のやむを得ない事情があってのことだ。引っ越し作業自体は、何度やってもうんざりする。億劫でなかったのは、結婚して二人の生活をはじめたときだけである。 

  

今回は、東京から岡山へという遠距離の引っ越しである。424()に引っ越し業者のトラックに家財一式を載せ、途中、JRのコンテナに積み替えてもらい、27()に現地で荷下ろし。足かけ4日である。わたしたちは、24日は東京の家の近くに宿を取り、25日は東名高速を一路西へ。京都に一泊し、26日には岡山の移住地の近くに泊まった。わが愛車poloでの約650キロのドライブだった。 

  

これまでの引っ越しでは、「らくらくパック」などと呼ばれる荷造りサービスを利用したこともあるが、今回は、料金を少しでも安くするために、梱包はすべて自分たちでやることにした。これが大変だった。持って行くものと捨てるものを選別し、部屋別・品目別・重要度別に段ボール箱に梱包していくのだが、捨てるべきか残すべきか、悩み出したらきりがない。よその家と比べて持ち物は少ないほうだと思っていたが、がらくたの多さにも辟易した。 

  

引っ越しで要領よく梱包するにはコツがいる。そのコツを飲み込むのは、やっと、梱包作業が終わるころだ。そして、次の引っ越しのときには、そのコツもすっかり忘れている。前回の引っ越しから7年半経つわたしもそうだが、たいていの人にとっては、引っ越しはそうしょっちゅうあるイベントではない。「引っ越しは忘れたころにやってくる」から、毎回、初心者に戻って手間取るのだ。あー疲れた。 

2階の梁
2階の梁。曲がった太い幹をそのまま使ってある。

まだ何をどの箱に詰めたのか、開けてみなければわからないものがたくさんある。まずはいま必要なものを探し出し、自分たちの日常生活が支障なく営めるようにしなければ・・・。ちなみに妻は、昨日から「しゃもじ」を探しているが、まだ発見できていない。 

  

というようなことを言いつつ、ついつい古い瓦屋根を眺めるために外に出たり、2階に上がって立派な梁を見上げたりしている自分がいる。いまは、しばし「移住第一歩」の感慨に浸ることを許されよ。 



y1_tokita at 16:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)移住