2017年10月01日

日ごとに深まる秋

つい1か月前までは猛暑にうんざりしていたのに、このところ急に気温が下がってきた。とくに朝は肌寒いくらいである。ひとつには、わたしたちが起床時間を6時から5時に変えたことも影響している。「カフェ 明治屋」は朝7時に開店する予定なので、6時起きでは間に合わない。そこで今のうちから5時起きに慣れておこうというわけだ。 

吉井川親水公園
散歩でよく行く吉井川親水広場の景色も秋めいてきた。


ある朝、目覚めるとあたりは一面、濃い霧に覆われていた。向かいのお寺の方が教えてくれたが、このあたりでは秋から冬にかけて、朝に霧が立ち込めることがあるそうだ。幻想的だがクルマの運転には危険なほどの濃い霧だ。
 

霧に煙る明治屋
霧に煙る干田川と「カフェ 明治屋」。


散歩の時間も
1時間早まった。そのぶん、朝の空気の清らかさも増したように感じる。足もとの草の朝露は、盛夏に比べて水滴を大きくしたようだ。家々の庭先では柿や栗が実をつけ、なかにはすでに地面に落ちてしまったものもある。田んぼのなかの農道を歩くと、一面の稲が首を垂れ始めている。田植えの少し前、4月末に移住して5カ月、季節は収穫の秋を迎えた。早いものだ。 

路地の水滴02
朝露が日を浴びて光り輝いていた。

首を垂れる稲

稲穂が風に揺れる田んぼ。稲刈りも遠くない。 

柿の実

西条柿がなっていた。中国地方に多い渋柿で側面の溝が特徴。

栗の実

実のなる木を植えている家が多い。この栗も食べごろだ。 

散歩道の虹

雨上がりの散歩道。かすかに虹が出ていた。 

  

東京で勤め人をしていたころには、これほど季節を感じることはなかった。せいぜい、通勤電車の窓からたまに見える木々の色や花々に、ささやかに季節を知る程度だった。いまは、少々大げさな言い方をすれば五感で季節を感じられる。これは地方に住んでみなければわからないことだと思う。     

  

ただ、この贅沢な朝の散歩も今のうちだけだ。カフェがオープンしたら、起床から開店までは準備で大わらわになるだろう。オープンが待ち遠しいような、一方で、もう少し今の生活を続けていたいような複雑な心境である。 



y1_tokita at 17:55|PermalinkComments(1)移住 | 瀬戸内暮らし