2017年05月18日

カフェの「棲み分け」

前回、書いたように、こちらに来てやっていることの一つに「ご近所のカフェ」の「偵察」がある。偵察というと大げさだが、もともとカフェに行くことが好きだから、息抜きやランチがてら、参考になることはないかと覗かせてもらっているわけである。そこから見えてきたことは・・・ 

キノシタショウテン

キノシタショウテンのすっきりした外観。インテリアもセンスを感じさせる。 


まず、隣駅・邑久駅に近く瀬戸内市役所の向かいにあるキノシタショウテン。今風の外観・内装で、店の奥には焙煎機が鎮座している。そう、ここは自家焙煎で、コーヒーには相当なこだわりがあるようだ。わたしはランチにサンドイッチとブレンドコーヒーを注文したが、コーヒーの原産国・地域/農園名・ローストの程度などを記したメモが添えられていた。わたしたちが行ったとき、お客さんのほとんどは女性。コーヒーの味もだが、店のしゃれた雰囲気に惹かれていると見た。  

カフェ・ユクリ

カフェ・ユクリは看板がなければ古民家を今風に改築した住宅にしか見えない。

つぎは同じ邑久町ながら駅からは遠く、細い道を入った集落にあるカフェ・ユクリ。古民家を改装した店で、靴を脱いで上がるようになっている。広い縁側と畳敷きの座敷にゆったりと席が設けてある。注文したランチを待つ間、庭を眺めると、エサやり場に雀たちが交代でやって来てついばんでいた。ほっこりした陽だまりのような空間だ。ここは女性のグループ、カップル、家族づれと客層が多彩だった。古民家の温かさ、家庭的な雰囲気を好む人たちが通っているのだろう。  

ログキャビン

太い丸太を使った立派な造りのログキャビン。2階もある。

もう一軒はキノシタショウテンにも近い、その名もログキャビン。ワイルドなアウトドア料理を出すかと思いきや、メニューは家庭料理そのものといった感じで、わたしたちが行った日の日替わりランチは酢豚の御膳だった。しかも、それがコーヒー付きで700円。店内には中年の夫婦、年配者のグループが多く、「地元の食堂」といった感じ。地元のじっちゃん(失礼。かなりの高齢と思しき男性)が軽トラで来店していたのが印象的だ。  

  

しゃれた今風の店、古民家の落ち着ける店、リーズナブルな地元の食堂的な店、それぞれに特色を出しながらターゲットの客層をしっかりつかんでいる。さてさて、では「カフェ 明治屋」はどういう特色を打ち出し、どのような客層に訴えるか。いまはまだ、男女・年齢を絞らずに、自分たちがおいしいと確信したものをていねいに作って出すしかないと思っている。そうすれば、自然と客層は絞られてくるだろう。あとは、お客さんに教えられながら、わたしたちだけの「ニッチ(隙間)市場」を見つけよう。 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字