2017年03月

2017年03月26日

振り返れば「一目惚れ」

移住先の地域は岡山県の南東部とおおよそ決まった。しかし、「これだ!」という物件が見つからない。わたしと妻は、ときに閑谷学校や牛窓オリーブ園などの観光地に寄って、地域の観光資源の情報を収集ながら家探しを続けた。 
 

閑谷学校

閑谷学校では、運が良ければボランティアのガイドさんが案内してくれる。

牛窓オリーブ園

牛窓オリーブ園では、おみやげにオリーブ・オイルを買って帰った。

当たり前だが、自分が住もうという家を探すときには、足を運んで物件の隅々まで確かめなくてはならない。それも、日をかえて複数回、訪れたほうがいい。都市部では、賃貸物件をネットで検索して、内見をせず決めてしまう人もいるそうだが、それはやめたほうがいい。実際にその土地、その建物内に身を置いてみてはじめてわかることがあるからである。  

 

「空が開けている」「風通しがいい」「通行するクルマの振動が意外と伝わる」「部屋の空気が淀んでいる」これらは、実際に現地に行ってみないとわからない。そして、これらの良い(悪い)感じというのは、些細なことのように見えて、「ここに住みたい」と思うかどうかに決定的にかかわることがある。一目で「これだ!」とならなくても、「何となくいい感じ」が、しだいに「この物件しかない!」になることもあるのだ。 

 

わたしたちの場合がそうだった。三十数軒見て回って候補に残ったのは、備前市の海沿いの物件と最終的に購入を決めた物件(明治屋)の2つ。前者はそこそこ交通量のある県道に面し、近くに漁協の市場や金融機関の支店もあって、カフェを営業するうえでの条件も悪くなさそうだった。 

 

わたしは「どうしてもこっち」という確信が得られぬまま、カフェの営業を考えて前者にしようかと思っていたのだが、妻はどうしても明治屋がいいと言う。いままで見てきた中で「何となくいい感じ」がするのは、この物件だけだというのである。そう言われたら否はない。 

 

店の営業上の利点より何より、まず自分たちがそこに住みたいと思うかどうかが第一だ人にも「この場所いいでしょ」と言えるような場所をカフェとして提供すること。それが最上の選択である 

 

緑の丘と川に挟まれ、お寺の前に佇む一軒家。四方が開け、川沿いのお隣は川岸の公園の先、100メートルほど行ったところ。何より空が広い。明治築の古民家は窓の桟まで木製の造り、古風な丸瓦の屋根、倉庫にまで施された焼き板の壁――すべてが、わたしたちのために用意されているように思えてきた。 

 

こうして、わたしたちの半年に及ぶ家探しは一件落着した。もちろん、移住はまだ第一歩も踏み出していないのだが。 



y1_tokita at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住 

2017年03月19日

「晴れの国」を東へ西へ

移住先として考えた岡山県は「晴れの国」をキャッチフレーズにしている。雨の降らない日が日本一多いというのが売りだ。いいではないか。わたしは岡山への移住を前提に地域を絞りはじめた。 

 

「晴れの国」といっても、晴れが多い、雨や雪が少ないというのは県庁所在地である岡山市の話だ。岡山県でも中国山地のほうや内陸の盆地ではけっこう雪が降る(そして寒い)らしい。夏は過ごしやすいそうだが、雪と寒さを敬遠しているわたしとしては、山間部は除外したい。 

 

次の条件は、都市部との「ほどよい距離」だ。これには、カフェの開業を前提に店舗兼住宅を手に入れるという当方の目標が絡んでくる。カフェには、もちろんまず地元の人たちに来てもらいたいが、それだけではなく、岡山市、倉敷市といった都市部からも来て欲しい。地方の足はクルマだが、ドライブがてらといってもあまり時間がかかるようでは足を向けてもらえないだろう。1時間以内といったところか。 

 

そして大きなネックになるのが物件の広さである。店舗部分と居住部分を合わせて、最低でも120平方メートルは欲しい。クルマを何台か停められる駐車場も必要だ。それだけの物件になると、岡山市や倉敷市内では予算オーバーになってしまうことが、ネットをちょっと見ただけで判明した。 

 

もちろん、せっかく地方に移住するのだから、都市部ではなく、少し離れたところがいい。その条件で瀬戸内式気候の恩恵に浴するには、岡山市・倉敷市から少し離れた沿岸部がいいだろうと目星をつけた。具体的には、岡山市の南の玉野市と、東備地域と呼ばれる備前市瀬戸内市赤磐市和気町だ。 

 

岡山には、岡山県不動産協会などがやっている「住まいる岡山」という不動産情報サイトがあるエリア、地図などから県内のたくさんの物件情報にアクセスできるサイトだ。それに加えて各自治体が提供している「空き家バンク」サイト。これらの物件情報を、わたしと妻でどれほど見ただろうか。数百というオーダーだと思う。
 

瀬戸内の島

「晴れの国」岡山の空は青い。海も、そして島影さえも青い。


そして、いよいよ2016年半ばから行動を起こした。7月から11月にかけて4回、それぞれ2泊3日で物件内覧の旅である。空港でレンタカーを借り、クルマで東へ西へ。自治体の担当者や不動産業者との約束の時間に遅れまいと分刻みのドライブだった。 

 

しかし、物件はたいてい帯に短したすきに長し。手頃な値段で店舗スペースが整っている物件は駐車場がない。海に面した別荘のような物件は幹線道路からのアクセスが極端に悪い。県道に面した敷地の広い古民家は、どう見ても改修がわたしたちの手に負えない。一軒、観光地である牛窓町内に条件に合いそうな物件があったのだが、タッチの差で先客に取られてしまった。 

 

30軒ほど見たわたしたちは、「ほんとうに家が見つかるんだろうか」と途方に暮れるのであった  



y1_tokita at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住 

2017年03月12日

流れ流れて瀬戸内へ

「この地に移住することを決めるのに3年かかりました」「全国を旅して、やっとこの地を見つけました」移住にスポットを当てたテレビ番組を見ていると、そんな声が聞こえてくる。「移住の決断」と「移住地の選定」は、人によって順序はいろいろだろうが、「どこに移住するか」が大問題であることに変わりはない。 

 

「海が見える高台がいい」「朝、小鳥のさえずりで目覚めるような森の中」「歴史が感じられる集落の一角」人によって好みはさまざまだろうが、どんぴしゃの地域・物件が簡単に見つかることは希だ。北日本・東日本か西日本か、海か山か、都市部との距離は? 迷いだしたらきりがない。 

 

わたしの場合は、ずばり消去法で絞ることにした。まず、雪が積もらないこと、冬にいま(東京)より寒くないこと。これで北関東以北の東北・北海道と山陰・北陸、そして移住地として人気の甲信地方をはじめ各地の高原が消える。次に大地震・津波の心配がない(少ない)こと。そうすると本州・四国の太平洋岸は消去。3番目に台風の直撃がないこと。よって九州・沖縄はリストから外す。 

 

「どこも残らないじゃないか」と言われそうだが、そんなことはない。瀬戸内である。夏の季節風四国山地に、冬の季節風は中国山地によって各々遮られる。このため年間を通じて天気湿度が安定してWikipediaいて、降雪日数は少なく、台風の直撃もない。直下型の地震も少なく、東南海・南海地震が起こっても、瀬戸内海での津波はせいぜい2~3メートルだといわれている。
 

穏やかな瀬戸内
穏やかな瀬戸内海。波は静かで、まるで湖面のようだ。


というわけで、移住を具体的に考えはじめた当初から、地域としては瀬戸内地方にターゲットを絞った。ただ、四国側と瀬戸内海の島々は除外することにした。夏のキャンプを始めクルマで日本各地を旅することを今後の楽しみにしている身としては、立派な自動車道が3ルートもできたとはいえ、四国はやはり少し遠い。一方、小豆島など移住者に人気の島がいくつもあることは聞いているが、大きな買い物のたびにフェリーというのも大変だ。

もうひとつ重要な点がある。地元が移住者の受け入れに積極的なことと、その結果として移住者が多いこと。移住者の受け入れに積極的な地方は、気質として「開放的」だろうし、移住者が多ければ、それだけ「風通し」をよくしている可能性がある。
 

 

ネットで調べてみると、岡山県がこの条件を満たしていることがわかった。「移住サイト」を設けているのはもちろん、東京でも定期的に「移住相談会」を開いているし、東京に「アドバイザー」を常駐させている。岡山は、移住先の人気ランキングでも、たいてい5位以内に入っている。移住者も多そうだ。 

 

では、岡山のどこにするか? 岡山といっても広いのである。 



y1_tokita at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住 

2017年03月05日

移住は夢か現実か

「瀬戸内に移住してカフェをやるんですよ」と言うと、たいていの人は、「えー、いいですね」「羨ましい!」「開店したら、ぜひ行きますよ」などと返してくれる。もちろん、調子を合わせてくれているということもあるのだろうが、「瀬戸内」「移住」「カフェ開業」といったキーワードが、聞いた人にとって現実味の乏しい「夢物語」だから、そう言うしかないということもあるのだろう。 

 

「移住」だけでもそうだ。住み慣れた土地を離れることは、たいていの人にとって大きな不安と抵抗が伴う。定年後に故郷・実家にUターンするという人はある程度いるが、わたしの場合、移住先は見ず知らずの土地。「移住」が先にあって、行き先を探したという順序である。 

 

では、なぜ「移住」なのか。結論を先に言うと、東京(およびその近郊)に終の棲家を定める気にならなかったからである。東京は、働くための場所であって、愛着を持って住み続け、そこで人生の終末を迎える場所ではないという感じがどうしてもぬぐえない。 

 

牛窓オリーブ園からの瀬戸内

海の見える高台はいかが? 写真は瀬戸内市の牛窓オリーブ園から望む瀬戸内海。


わたしは「東京人」ではない。出身は九州・熊本で、大学進学を機
に上京した。働き始めるときに熊本に帰ることは考えなかった。就職先として考えていた出版業界では、9割の会社が東京に集中しているということもあり、東京での就職し頭になかったのである。

それから三十数年、この間に
熊本から親を呼び寄せ、結婚して二人で部屋を借り、老いた親と同居しと、家族構成には変遷があった。そのせいもあり、ずっと借家住まいだった。持ち家でないから、身軽で移住を考えやすいという面はある 

 

でも逆に、家を持たなかったのは、若いころから漠然と「将来は地方に移住」と考えていたからでもあるような気がする。子どものころ、町中を歩いていても遠くに山並みの見える地で育ったわたしは、何十年住んでも、根っからの「東京人」にはなれないということなのだろう。 

 

人と人との距離、自然の豊かさ、交通その他の便利さ、それぞれについて、その人その人なりの好みがある。東京にしかない活気、ダイナミックさを必要とする人にとっては、東京はかけがえのないものだろう。しかしわたしには、東京はあくまで「仮住まい」の土地だったのである。 

 

ちなみに、わたしの妻は千葉市の出身で、中学生時代の遊び場は「電車でほぼ一本の原宿」だったそうだが、やはり地方での暮らしを希望している。そんな人もいる。 



y1_tokita at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)移住