2017年07月26日

「養生8割、塗り2割」というけれど・・・

「カフェ 明治屋」の改装は、いよいよ漆喰塗りという段になった。客席3室、レジ室、玄関土間の壁すべてを漆喰で埋めなければならない。気が遠くなるような作業だ。 

漆喰塗り2

脚立に乗り、壁に漆喰を塗っていく。単純だが気を使う作業。

漆喰セット
漆喰と道具。奥から練済み漆喰、コテ板、コテ(大・小)。

「明治屋」のもともとの壁は数十年前に塗りなおしたのか、子供のころによく見かけた繊維壁(指で押すと少しへこむ、キラキラした繊維片の混ざった壁)や砂壁(ざらざらした壁で、こするとパラパラと粒が落ちる)だ。本来なら下地処理が必要なのだろうが、それなしに塗れるという練済みの漆喰をネットで見つけて取り寄せた。  

  

ネットの体験談では、とにかく養生(マスキング)をしっかりしないと漆喰があちこちについて大変なことになるから、これでもか、というくらいに養生をすることと書いてある。なるほど、下準備に手間をかけるのは職人仕事っぽくていい。つぎに、1回目は下地が透けて見えるほど薄く塗り、十分乾いてから2度塗りするのがきれいに仕上げるコツらしい。了解、了解。 

漆喰・養生
養生テープ、マスカー(テープとシートが一体になったもの)、養生シートを張りめぐらせる。

漆喰・養生2
柱も鴨居もシートで覆って、さながら工事現場。

さっそく試しに目立たないところに塗ってみる。養生をしっかりしたうえで、コテを押しつけるようにして薄く万遍なく・・・うっ、うまくいかない。コテを押しつけすぎると薄くどころか元の壁がむき出しになってしまうし、もう少し厚く塗ろうとするとボテボテになってしまう。悪戦苦闘、結局、コテコテの厚塗りになったうえに、わが身はシャツもパンツも飛び散った漆喰だらけになってしまった。一方、妻のほうはさっそくコツをつかんだのか、手早く薄く塗っている。コテ跡も目立たず仕上がりがきれいだ。   

  

おかしい、何かがおかしい。自分がとくに器用だとは思っていないが、不器用だという自覚もない。子供のころはプラモデルをきれいに作って細かな塗装もしていたし、「図画工作」「技術」の授業でも物を作るのは好きだった。しかし、漆喰塗りは(少なくとも妻との比較では)下手だ。素直に認めるしかない。 

  

下手だといっても二人で作業をするしかないので、妻が7を塗る間にやっと3を塗る割合(しかも仕上がりが良くない)ながら二人で地道に塗っていく。次の部屋に移る前には、塗りは妻に任せて、わたしはもっぱら「養生係」に徹することにした。「知ってる?『養生8割、塗り2割』っていうんだよ」と負け惜しみをいいながら。 

  

それにしても、これだけの面積を2度塗りするのは勘弁してほしい。1度だけですまないものか。さいわい、繊維壁は心配した漆喰へのシミがでない。1度塗りだけですみそうだ。ところが、砂壁は塗った漆喰全体がまだらに黄色くなった。シミだ。客室のうちの2部屋が砂壁だから、全体の約4割は2度塗りしなければならない。二人で黙々と作業をする。 

漆喰塗り
狭いところは小さいコテで少しずつ塗る。根気がいる。


仕上げの床の間(ここだけはベージュの漆喰)は妻に任せて、何とか全体を塗り終える。使用した漆喰は総量
100キロ。マスキングテープをはがすと、黒い天井・梁・柱と白い漆喰のコントラストが美しく、素人仕事ながら、何とか古民家カフェらしくなってきた。自分たちで手掛けたせいの贔屓目か。 



y1_tokita at 20:13│Comments(1)カフェ 

この記事へのコメント

1. Posted by ラフィンのお父さん   2017年07月30日 14:39
5 手際の良さは、どちらかと言えば奥方に負けるのが世の常、全てとは申しませんが⁉
あとは集中力の問題だと思います。
がんばっ!👍

コメントする

名前
 
  絵文字