瀬戸内暮らし

2017年06月11日

瀬戸内・魚の王国

こちらに来て感じたことのひとつが、東京に比べ、やはり物価が安いということである。公共料金やガソリンの値段などは変わらないが、たとえば、洗車料金は安いところでは200円だ。トマト、きゅうり、レタスや玉ねぎなどの野菜を中心に生鮮食料品も全般に安いようだ。 

  

スーパーマーケットでもそうだし、あちこちにある農協の農産物直売所では、採れたての野菜や果物などをかなりお安く販売している。ただ、難点(?)は「量が多い」こと。クレソンが大袋いっぱいに入って200円だったので飛びついたら、それから23日は、毎日、山盛りのクレソンサラダを食べる羽目になった。 

  

そして、瀬戸内といえばやはり魚介類である。スーパーマーケットでも、地物の「がらえび」や「びんぐし」など、東京ではあまり見ないものを普通に売っている。東京では見ないといえば、漁港直結の魚市がある。わたしたちが住む瀬戸内市のお隣・備前市の伊里漁協では、毎週日曜日に「真魚市(まないち)」という市が立つ。先日、わたしたちもさっそく行ってみた。開始時間が朝7時とはじまりの早い市で、わたしたちが着いた8時過ぎにはすでに多くの人でにぎわっていた。 

真魚市01
漁港の隣りの倉庫のようなところが市場会場になる。


活気のある市場は、見て回るだけで楽しい。とくに漁港直結のこの市場では、バックヤードで漁船から魚を荷揚げしていたり、敷き詰めた氷の上に次から次に魚を放ったり、漁師さんたちの働きぶりが間近に見られて興味が尽きなかった。
 

真魚市04
停泊した漁船からつぎつぎに魚が出荷される。


ただ、ここでも問題は「ひと盛りの量の多さ」で、まだカフェを開店していないわたしたちが、二人で食べきれる量のものを探すのに苦労した。結局、型の良いイカ
4杯を1,000円で購入したが、23日は「イカ尽くし」になりそうだ。 

真魚市02
結構な型のブリが1本1,000円。

真魚市03

アジやサバもこれだけ入って1,000円。安いが二人では食べきれない。 

真魚市05
地物の小松菜100円。ねぎ50円・・・野菜も安い。 

  

【側溝清掃・顛末記】   

前のブログで「どうなることやら」と書いた町内会の側溝清掃が、なんとか終わった。用意する物は「ふつうの長靴とショベルか何かでいいよ」と言われていたが、側溝清掃専用の道具をホームセンターで購入して、その日を迎えた。集合時刻の朝8時前、集会所に行ってみると、すでに近くの側溝から「ガッシ、ガッシ」と作業をする音がする。挨拶も早々に、わたしも清掃作業に加わった。側溝(田んぼと道路の間の用水路)にまたがって中の泥やごみを掻き出していく。 

側溝清掃
側溝清掃は慣れないと腰にくる作業だ。


小一時間で予定の区画の清掃が終了。日陰ではまだひんやりとする季節なのに汗だくになる。屈む作業なので腰も限界だった。全員で集会所に集まり、一息入れて解散となったが、この席で、町内会長から「新規加入者」として紹介された。そう、これが大事。一緒に作業をした「仲間」として、まずは認められた(?)ということか。ありがたい。近いうちに、田んぼには水が張られ田植えとなるだろう。散歩のたびに稲が青々と育っていく姿を眺められるのなら、汗をかいた甲斐もあるというものだ。
 



y1_tokita at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月02日

「おしぼり」探して今治へ

「カフェ 明治屋」をどういう店にしようかと夫婦でいろいろと「夢想」していたとき、「おしぼり」は紙製の使い捨てではなく、蒸しタオルを出したいということで二人の意見が一致した。これは、前に紹介した東京・ひばりが丘の蕎麦屋さん「たなか」が生地の良いウォッシュタオルを「おしぼり」に使っていて、いつも気持ちがよかったことが影響している。 

  

カフェで席に着き、まず差し出されるほかほかの(場合によっては冷え冷えの)「おしぼり」はポイントが高い。タオルおしぼりは、店にとってはコストがかかることはわかっているが、ここは譲れないということになった。コストといっても、わたしたちは自分たちで洗って蒸してと準備しようと思っているから手間を惜しまなければいいだけのことだ。 

  

ところで、日本でタオルといえば愛媛県の今治が有名だ。わたしたちもプライベートで今治タオルを使っており、その良さはよくわかっていた。その今治では、毎年、5月と10月の2回、「今治タオルフェア」というイベントを催している。今治のたくさんのタオルメーカーが出展し、B級品などを破格の値段で販売するバーゲンがメイン行事だ。 

しまなみ海道
しまなみ海道、生口島と大三島の間にかかる多々羅大橋。世界最大級の斜張橋だそうだ。


わたしたちもさっそく、「おしぼり」を求めて今治へ行ってきた。瀬戸内市の自宅から尾道を通って「しまなみ海道」経由で今治へ。わたしたち二人とも「初・四国」である。片道
160キロ超のロングドライブだが、高速道路が整備されているから時間は2時間ほどしかかからない。 

今治タオルフェア
「今治タオルフェア」会場。朝から大賑わいだ。


「フェア」初日の
10時すぎには現地に着いたが、すでに会場はたくさんの人でごった返していた。「ワゴンセール」状態の店が多く、密集する人の中に分け入って目当てのものを掴み取るという、わたしたちにとっては苦手な作業が待っていた。それでも何とか、狙っていた「生地の良い白のミニタオル」を発見、70枚を購入した。これが1100円だから、はるばる来た甲斐があるというものだ。 

ミニタオル
ゲットしたミニタオル。1辺25センチほどで「おしぼり」にうってつけだ。


というわけで、わが家にはカフェ開業用の装備や器具はまだ何もないが、「おしぼり」だけは準備万端、という変な状態になった。まあ、こうやって一つずつそろえていこう。
 



y1_tokita at 22:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2017年05月28日

山の中の「のれん街」

まだまだ自分たちの生活のペースをつかもうとしている段階で、かたづけや改装の準備に追われる日々だが、息抜きがないと気疲れする。そこで、これまで通り、土・日をわたしたちの休日ということにしている。 

  

そんなある日曜日。天気もいいのでどこかへ出かけようということになった。わたしは大の温泉好きだが、妻は、温泉もいいけれど倉敷か勝山に行きたいという。調べてみると、倉敷の駐車場は日曜日には料金が高騰するらしい。どうしても行きたければ、わたしたちは平日でも行けるので、この日は勝山に行くことにした。 

  

県北・真庭市の勝山は古くは交通の要衝として栄え、いまでも土蔵や瓦屋根の商店が軒を連ねている。そのため、岡山県の「町並み保存地区」にも指定され、観光名所になっている。わたしたちは自宅「明治屋」に少し馴染んできたせいか、昔ながらの建物が並ぶ通りに親しみを感じた。 

勝山01
通りの入口近くには、いい感じの祠がある。

勝山02

古い街並みが、なんとも心地いい。 

勝山03
勝山04
勝山04-2


建物もいいが、目を引くのは各戸の入り口に掲げられた「のれん」である。それぞれにアイデアを凝らし、個性を主張している。「のれん」を見て歩くだけで楽しい街だ。  

勝山05
自転車店の店頭にも「のれん」。
勝山06
自動車修理工場の入口にも「のれん」。
勝山08
切手取扱店の店頭にも「のれん」。
勝山07
教会の入口にも「のれん」。
勝山09
昼食はカフェろまん亭でとった。ここも古い建物だ。
勝山10
勝山11
勝山には立派な蔵元もあり、直営のカフェがある。
勝山12
ここからは、勝山「のれん」コレクション。いろいろあって楽しい。
勝山13
勝山14
勝山15
勝山16
勝山17
勝山18
勝山19
勝山20
勝山21
勝山22

さて、「カフェ 明治屋」の「のれん」はどうしようか。勝山で見た「のれん」のようにしてもいいし、「日除けのれん」や「店頭幕」と呼ばれる天地サイズの大きい(地面まである)ものも捨てがたい。悩ましいが、あれこれ迷うのも楽しい。 



y1_tokita at 15:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月23日

リノベーションのマネごと

お店の改装にはまだ手がつかないが、まずは自分たちが住むところから手を入れようということで、納戸をクローゼットにリノベーションすることにした。リノベーションというと大げさだが、何のことはない、ベニヤ板の壁に壁紙を貼るだけである。 

  

わたしたちは、これまで賃貸暮らしだったせいで、原状回復がむずかしくなるような部屋の改装をしたことがない。壁紙を貼るのも初めてだ。3畳ほどとはいえ、ひと部屋の壁を自分たちで変えることができるのか、不安だったが、失敗してもしょせんは自分たちのクローゼット、試しにやってみることにした。 

間取り図
「カフェ 明治屋」の間取り図。不動産広告風にいうと8DK+Sとなろうか。


この納戸は、間取り図で
5角形になっている部屋だ。ここと隣接する6畳間、4畳と土間の部屋を自分たちのプライベートスペースにし、東南角の玄関・土間と田の字型の4部屋をカフェにするつもりである。 

  

納戸の壁紙は、近くのホームセンターで92センチ幅・15メートル分を買ってきた。約6,000円。ローラーやヘラなどの壁紙貼り5点セットが約1,000円。7,000円ほどでベニヤ壁の納戸が白い壁紙のクローゼットに生まれ変わるなら安いものだ。 

壁紙貼り01
壁紙を貼ったらハケで空気を抜き、しわにならないようにする。

壁紙貼り02

つなぎ目はカッターで切り、隣り合う2枚を密着させる。 

  

壁紙は「生糊つき」という初心者向けのもので、貼ったり剥がしたり、調整しながら貼っていけるから失敗が少ないらしい。慣れないわたしたちでも、ほぼ一日で、なんとか貼り終えることができた。壁紙のつなぎ目に微妙な隙間ができたり、何カ所か細かなしわが寄ったりしたが、初めてにしては上出来ということにしよう。 

before
壁紙を貼る前。ベニヤ板むき出しの納戸だ。

after

壁紙を貼り終わったところ。壁が明るくなった。  

壁紙貼り03
角もばっちり。少しはクローゼットらしくなったか。


リノベーション・改装は、もちろんこれからが本番である。床・壁・天井、あらゆるところを手直ししなければならない。まったく初心者のわたしたちが、である。まずは壁紙貼りがなんとかできたことで、ほんの少し自信をつけたというところか。
 



y1_tokita at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月18日

カフェの「棲み分け」

前回、書いたように、こちらに来てやっていることの一つに「ご近所のカフェ」の「偵察」がある。偵察というと大げさだが、もともとカフェに行くことが好きだから、息抜きやランチがてら、参考になることはないかと覗かせてもらっているわけである。そこから見えてきたことは・・・ 

キノシタショウテン

キノシタショウテンのすっきりした外観。インテリアもセンスを感じさせる。 


まず、隣駅・邑久駅に近く瀬戸内市役所の向かいにあるキノシタショウテン。今風の外観・内装で、店の奥には焙煎機が鎮座している。そう、ここは自家焙煎で、コーヒーには相当なこだわりがあるようだ。わたしはランチにサンドイッチとブレンドコーヒーを注文したが、コーヒーの原産国・地域/農園名・ローストの程度などを記したメモが添えられていた。わたしたちが行ったとき、お客さんのほとんどは女性。コーヒーの味もだが、店のしゃれた雰囲気に惹かれていると見た。  

カフェ・ユクリ

カフェ・ユクリは看板がなければ古民家を今風に改築した住宅にしか見えない。

つぎは同じ邑久町ながら駅からは遠く、細い道を入った集落にあるカフェ・ユクリ。古民家を改装した店で、靴を脱いで上がるようになっている。広い縁側と畳敷きの座敷にゆったりと席が設けてある。注文したランチを待つ間、庭を眺めると、エサやり場に雀たちが交代でやって来てついばんでいた。ほっこりした陽だまりのような空間だ。ここは女性のグループ、カップル、家族づれと客層が多彩だった。古民家の温かさ、家庭的な雰囲気を好む人たちが通っているのだろう。  

ログキャビン

太い丸太を使った立派な造りのログキャビン。2階もある。

もう一軒はキノシタショウテンにも近い、その名もログキャビン。ワイルドなアウトドア料理を出すかと思いきや、メニューは家庭料理そのものといった感じで、わたしたちが行った日の日替わりランチは酢豚の御膳だった。しかも、それがコーヒー付きで700円。店内には中年の夫婦、年配者のグループが多く、「地元の食堂」といった感じ。地元のじっちゃん(失礼。かなりの高齢と思しき男性)が軽トラで来店していたのが印象的だ。  

  

しゃれた今風の店、古民家の落ち着ける店、リーズナブルな地元の食堂的な店、それぞれに特色を出しながらターゲットの客層をしっかりつかんでいる。さてさて、では「カフェ 明治屋」はどういう特色を打ち出し、どのような客層に訴えるか。いまはまだ、男女・年齢を絞らずに、自分たちがおいしいと確信したものをていねいに作って出すしかないと思っている。そうすれば、自然と客層は絞られてくるだろう。あとは、お客さんに教えられながら、わたしたちだけの「ニッチ(隙間)市場」を見つけよう。 



y1_tokita at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)